挑戦は選択肢を増やす!! -- for us --

 


GAUSS
宇都宮です。

 

創業から一年半以上が経ちました。

 

創業したその月から毎月新しい仲間が増えます。
いつも一緒にいる楽しい仲間が増えて続けてます。


f:id:tsunaki-gauss:20190201230433j:plain


GAUSSの創業者は共にSIベンダー出身で30歳を超えてからの起業だったことや、起業家交流会とか異業種交流会は苦手もあってほとんど参加しなかったり、アクセラレータなども知り合い経由などしか受けたことがないので、他の企業との交流薄く、他企業を見る機会がほとんどありません。

また、GAUSSにはスタートアップ企業を経験した仲間はひとりもおらず、ほとんどのメンバーが大手企業出身です。
なので、スタートアップがどのように成長していくのが正しいのかは自分達で決めるしかありません。


ただ不安はありません。仲間全員が自信を持ってます。


なぜならGAUSSのは創業から「夢や目標」を、「計画と実行」にし現実を創ってきました。


まさに想像した未来を創造しています。

f:id:tsunaki-gauss:20190201230337j:plain


GAUSSは現状に満足せず常に成長する会社です。

もし現状に満足することができたら、ここまでの成長はなかったでしょう。
やってもないのにできないとやってできないは全く違います。

 

GAUSSは常に挑戦します。

 

GAUSSは挑戦があれば選択肢が増えることを知ってます。
GAUSSは「夢や目標」を「計画と実行」に変えることで未来を創造できることを知ってます。
 
そしてその結果に仲間達全員の選択肢が増えることを知っています。

 

自分たちのために頑張ろう!
-- for us -- 

 f:id:tsunaki-gauss:20190201230548j:plain

 

GAUSSでは共に未来を創造する仲間を募集しています!

www.green-japan.com

 

【創業2期目】チームから組織へ!メリハリつけて仕事すること!

GAUSS宇都宮です。久しぶりの投稿です。

 

今年ももう終わりですね。

1年の節目は不思議なもので、普通の一日であるのにもかかわらず、年末年始で大騒ぎします。
弊社も年末の挨拶だったり新年の社員総会だったりを計画しました。

 

毎年感じますが、今年一年はとても学びの多い一年でした。
そして今年一年でとても学びになったことを残しておきたいと思います。

 

今年の学び

今年最も大切だと感じた学びは「メリハリをつけて仕事すること!」です。


気づきのきっかけは炎上案件でした(笑)


GAUSSの仲間は創業時から週末も休むことなく全力で仕事してきました。
ただ今年は休養の意味も込めて8月に2日間のお盆休みを取りました。
創業以来はじめての休みです。

しかし頭の中では会社のことでいっぱいで、休むと言ったのにもかかわらず午前中は出社してしまいました。

その時は仕事をすることが会社のためだったり仲間のためだったりと思ってました。


しかしその行動は間違いでした。

逆に仲間にプレッシャーを与えてストレス増やすことになってました。

そのあとに訪れた炎上案件で自分も気づきました。

仲間が休日出勤してるのを見たり、深夜まで残業してるのを見たら心が痛いです。
そして担当が抱え込んで手伝うことができないともっと辛いです。
「休め」と言っても責任感のある仲間達は帰りません。

 

最も悪影響だったのは普通に休養しているメンバーが休養に罪悪感を感じてしまってたことです。

 

口に出して言わないくともストレスが仲間全体に広がり会社の調子も落ちます。

 

そこで覚えた教訓です。
「メリハリつけて仕事すること!」

 ・定時退社日は定時に帰る
 ・休日は休みを取る
 ・仲間と担当分担して連帯で責任感を作る
 ・お客様へご迷惑が掛かりそうなときは徹夜してでもやる


11月頃、特に意味もなく仕事の合間に「正月休みに京都行こう」と会社の仲間を誘いました。

そうしたら、GAUSSの人事責任者から言われました。

「社長が正月休みの話しをしてくれて本当にホッとしました。社員も全員ホッとしたと思います。このままの勢いだと正月も仕事だと思ってました!」


返す言葉がありません。。。。

働きすぎがプレッシャーを与えるということを本当に学びました。
休みはゆっくり休養しましょう。

 

さいごに

いまGAUSSは30人の壁を迎えてます。
乗り越えるには高い壁です。想像を遥かに超えて高い壁です。

各業務に専任のリーダーを立てて、各々の任務に責任をもって大きくしていかなければなりません。

そしてリーダーは次の後継者を育ててもっともっと大きくしていかなければなりません。

自分は昔から組織や仲間を作るのときに決めてることがあります。


それは「自分より優秀な仲間を作れ」です。

優秀な仲間は必ず自分を成長させてくれます! 

 


皆様
今年も一年ありがとうございました。
来年も良い年にしましょう!

 

f:id:tsunaki-gauss:20181230004031j:plain

 

 

 

[ビジネス企画]新規サービスの事業計画書を公開!!

GAUSS宇都宮です。久しぶりの投稿です。 

 

今回は2年前に作った事業計画を紹介したいと思います!

 

ITサービスで新規事業を立ち上げをしようとしている方や起業を考えてる方向けの記事になります。
皆さんが事業を立ち上げる上でこの資料が参考になることがあれば幸いです。


この事業計画を基に立ち上げたサービスはAI競馬 SIVAというサービスになります。
このサービスが現在ユーザ数は約5万人でサービス全体でのPV数は月間30万PVを超えています。
また毎週末に「ニッカン」、「スポニチ」の競馬新聞各社の一面に掲載されています。

競馬を選んだきっかけは単純にデータが多いからですが、競馬に初めて出会った瞬間にビジネスが浮かんで社内に提案しました。

その提案に使った実際の資料です。

 
この資料を使ってにプレゼンした結果、稟議が通り実施予定でしたが、、タイミングが合わなくて企業に属しての事業化に至りませんでしたが、自分で独立してこの事業計画を遂行してみました!

 

資料の内容

事業を立ち上げの計画には以下の内容が盛り込まれています。

 ・ビジネスの狙い・目的
 ・市場規模
 ・提供サービス
 ・サービス提供方法
 ・ビジネス試算
 ・ビジネス展開ロードマップ
 ・売上予想 
 ・損益計算書予想
 ・チーム・スケジュール

 

まず事業計画には「なぜやるのか(Why)」が大事になりますので、最初に書いてます。

こちらは事業を起こす上での強み(想いやチームなど)から書くことが良いかと思います。
そして強みをベースにストーリーを組み立てて行くことをおすすめします。

 

それでは資料を説明して行きたいと思います。
今回の資料は対面で説明をするため、A3にまとめました。

ピッチ形式ならA4サイズで想いが伝わる内容が良いと思います!

 

1ページ(狙い・目的・サービス)

f:id:tsunaki-gauss:20181115015936p:plain

 

まず1ページ目には以下のことが書いてあります。

 

1. ビジネスの狙い・目的

表題の通り狙いを書きます。
社会的な会社の立ち位置なども加味しながら、将来を大きく見せるためフワっとした目的としました。


2. 市場規模

ここは一般的な市場調査の内容になります。
市場の近況と今後の推測、現状の課題(仮説)を出しました。


3. ソリューション(提供サービス)

ここで自分の作りたいサービスを書きました!
サービスのプロトタイプもありプレゼンでは画面も使って可能性を説明!
また、現時点の実証実験での感触なども書き込みアピールしました。

このときにSIVAを新聞に載せてみんなに情報提供すると話しましたが、当時は周りから冷ややかな目で見られました(笑)

 

2ページ(提供方法・ビジネス試算)

f:id:tsunaki-gauss:20181115015938p:plain

 

2ページ目には以下のことが書いてあります。
 
4. サービス提供方法

5. 各社の役割 (案)

ここについてはサービス提供にベンチャー企業を立ち上げる想定で書きました!
新規事業の立ち上げを検討されてる場合は、ベンチャー企業の有無とは関係なくピクト図などでビジネスモデル(スキーム)の整理はしておいたほうが良いと思います。

6. ビジネス試算

事業計画の根拠になる考え方を記載してます。
 ※※※ 新規事業を考える際にはtoBのビジネスを作っておくことをおすすめします。
   理由はある程度の売上が見込めます。

3ページ

f:id:tsunaki-gauss:20181115015940p:plain

 

3ページ目には以下のことが書いてあります。


7. 売上の考え方

レベニューシェアとかのモデルになる場合はこちらを最初に作っておくことが重要だと思います。
売上が出始めると喧嘩になる原因となります。


8. ビジネス展開ロードマップ

夢は大きく


9. 損益試算

事業計画では大事な数値評価ですね。
こちらについては計画通りにうまくいきません(笑)
しかしある程度のピボットを行って結果的には2018年には売上が上方修正になりました。
うまく行かなくて当然ですが、結果うまくいくためにベストを尽くし、やれることを全部やることが重要だと思います。

10. 推進体制
11. スケジュール

ここから先はプロジェクトをで推進するチームの説明です。
スタートアップには重要なファクタになりますので、チームの強みやバランスを理解したチーム構成を作りましょう!

 

補足

f:id:tsunaki-gauss:20181115015941p:plain

 

補足には、このサービス内での使用している特許やイベント、メディア掲載などがあったので入れました!


資料は以上になります。

 

この計画を持ってサービス展開を図っていますが、2年前に作成したこの資料を振り返ると、それなりの達成してこれたのかなっ?と感じています(笑)

 

この手の資料はよく「絵に書いた餅」と言われますが、作成した本人が言ったら、その企画は苦しくなりますよね!


この計画にあった通り、今秋のG1はニッカンスポーツとスポーツニッポンスポニチ)の1面で記者さんと対決しております。

f:id:tsunaki-gauss:20181104004237j:plain

f:id:tsunaki-gauss:20181116103556p:plain

 

SIVAがこの事業計画書通りに進んでることを日々実感できて楽しいです。


新規事業を計画している皆さん、ぜひこの資料が参考になったらと思います!

 

-- キーワード-- 

ビジネス企画, 事業計画,サンプル,新規事業,イノベーション,企画書,稟議書

 

想像した未来を共に創ろう!
自分達のために! 

 

twitter.com

type.jp

最高の瞬間を共にしよう!


普通に生きるなんて自分にはできない。
 
朝起きて会社行って仕事して、そして家に帰ってご飯食べて寝る。
定時を待って、週末を待って生きるなんて考えられない。

サラリーマン時代は駄目な落ちこぼれだった。
人の言うことは聞かないし、好きなことばっかりやってた。
 
でも自分の中で絶対に曲がらないことは、夢に向かって走ること!
短い人生なんだから、夢を叶えるため日々の目標に生きてる自分であり続けること!
 
はじめてパソコンをふれたとき、はじめてプログラムを書いたとき、はじめてプロジェクトに参画したとき、好きな企業の社員になったとき。
いまでもその感動と感謝は忘れない!

自分の中で感じた大きな感動にひたすら没頭したい!! 


起業してからもいろんなことがあったけど、今以上の結果は出せない。

「いまがベスト!」

今日の今日まで起こった奇跡の繰り返しの計算なんてできない。

そう!「いまがベスト!」

そして明日もベストを出すためいまのベストを尽くす!

成功のやり方を語るのが好きな人もいるけど、必ず成功するノウハウなんてない!
二度同じことができないことなんて誰にも教えることなんてできない!

自分が選択してきた道の結果が最高の結果でしかない!
 

これまで楽しいことも辛いことも沢山あったけど、ドキドキ・ワクワクする人生って素敵だろっ!?
 
最高の仲間達と一緒に夢を叶えて、ずっとずっと共に生きるのもいい人生だぜっ!

「一緒にいて楽しいこと!」
「一緒に成長できること!」
「お互い信頼できること!」

辛いときでも悲しいときでも仲間と共に笑って生きよう!

想像した未来を共に創ろう!
最高の瞬間を共にしよう!

自分達のために! 

さぁGAUSSで一緒にいまを生きよう! 

 

f:id:tsunaki-gauss:20181001060018j:plain


 

【創業ストーリー】 大手企業を辞めて起業!そして1年!!

はじめに

はじめまして。株式会社GAUSSで代表をしている宇都宮です。
はじめてのブログです。

みなさんは連休中となりますか?
株式会社GAUSSは明日の5月2日で登記してから一周年となります。

GWの真ん中で会社は休みにしておりますが・・・・
社員の数名は出勤してくるのがGAUSSの面白いところです。

まず、こうしてGAUSSが一年間続けられたのも「お客様」「仲間」があってのことです。
創立記念日はすべてに感謝する日にしていきます。

この一年を振り返るととてつもなく早く、とてつもない濃い一年でした。

去年まで富士通で働いてたと思うと自分でも驚きます。
つい一週間前のことでも遠い昔に感じます。

さて、一周年ということで「創業」「はじまり(VISON)」の2本立てで書きます。

この内容は自分の人生のちょうど真ん中〜後半にさしかかる話しになります。


- 創業 -

-- 孤独 --

私は昨年2017年3月、仲間と共に起業するため憧れの企業だった「富士通」を退職しました。

目標通りに決めてきた道です。このとき不安は少なかったのを覚えてます。
 
退職当時は、いまの創業仲間とは違う仲間と一緒に起業を決意して辞めました。
そして退職後は毎晩のように仲間たちで集まって起業に向けて話し合いをしました。
 
いざとなったら3人分くらいは1人で稼げるという意気込みでいっぱいでした。


季節も春になり新しい門出に意気揚々としてました。

GAUSSの社名もこのころ渋谷のカフェで決まりました。

f:id:tsunaki-gauss:20180430230631j:plain

その時のカフェのペーパーに描いたサイン


しかし

そんな日もつかの間、日が経つにつれて不安が募りました。

退路を失い切羽詰まると心が狭くなります。
流れる時間が不安になり気がついたらイライラする日が増えました。

「自分だけが焦ってるのでは?」
「すべてを信じて良いのだろうか?」
「いま自分がするべきことはなんなのか?」

会社を辞めたあとの虚無感と目減りする資金で孤独感が絶頂でした。

先輩起業家達からの悪魔のささやき、アドバイスをくれる十人十色の声。

すべてが疑心暗鬼となってしまいました。
完全に情緒不安定でした。 

そしてついに疲労も限界にとなって、一緒に起業するはずだった大切な仲間たちを失ってしまいました。
 
完全に自分の意志の弱さです。
退職から起業するまでのわずか2ヶ月間で完全に孤立してしまいました。

またこの感じ。人生何度目だろう………


- チャンスを活かす! -

その後、自宅にこもってひとりでぼんやりしてました。
2、3日という短い期間でしたがその時の自分には1,2年と感じてました。

そんな中、サラリーマン時代からお世話になっていた先輩起業家の角さん からフィラメント2周年のイベントで登壇しないかと声を掛けて頂きました。

独りでなにも価値のないゼロの自分にチャンスをくれました。

しかし心身ともに弱ってた自分は、このまたとない機会にもかかわらず、内心逃げようかと思いました。
そして角さんもその心を察してくれたのか、自分に断っても良いと言ってくれました。

でも逆にその「断ってもいいよ」との角さんの声が、「行かなければならない!」という気持ちに戻りました。

そう。角さんのひとことがなければ、なんのために憧れの富士通を辞めたのかわからなくなるところでした。

本当に感謝しています。 ありがとうございます。

そして、そのフィラメントのイベントで登壇させて頂きいろいろな仲間と話すことができて少し心が前に向きました。

f:id:tsunaki-gauss:20180430204326j:plain
 

前を向いたことでいろんな人と話す機会をいただきました。

紹介などで大切なパートナー(共同創業者: 関塚)とも出会うことができました。

そして関塚に出会ってからわずか2週間で起業に至りました。


起業の準備ができた昨年の5月2日に自分は法務局で印鑑押しただけで、その時はまったく実感がなかったことを覚えてます。

創立記念日がGWの間となったのも起業準備ができた日だったと言うだけのことです。

また、心のどこかに離れてしまった仲間と起業したいという思いがあり、すべて後回しにしていた自分もいます。

でも関塚が自分のすべてをふっとばして起業に至ってくれたことに心から感謝しています。

- 創業から1年経って・・・ -

自分は創業時に美談なんてありません。すべてが結果です。

新しい旅をはじめるときにが必ず「悲しい別れ」があります。

しかし一歩踏み出して環境を変えなければ、素晴らしい出会いもありません。
だから踏み出すことは良いことだと思ってます。

最後は自分を信じて進み続けることで、またどこかで一緒の仲間になる日がきます。
そして思い出して笑える日が来ます。

この経験に感謝して、これから先も結果にコミットしていきます!
 
チャンスは必ずきます。
チャンスを活かすのも自分です。
成功も失敗もすべて自分です。

大切なのはチャンスに前を向く自分。
そして前を向いた分、自分の価値になります。

Article content

 


-- はじまり(VISON) --

- 創業コンビ -

いろんなバタバタを乗り越えてGAUSSを創業しました。

最初はカフェからのスタートです。
打合せに打合せを重ね、事業の可能性があることはすべてやりました。

初仕事を取るためには徹夜で資料作成し同時にプロト開発をしました。
資金繰りで苦しいときには関塚が資金調達に駆けずり回ってくれました。

すべてが全力です。それは一年経っても変わらず全力です。

関塚と出会ってからわずか1、2週間でしたが、周りからは長年一緒にやってきたかのような息のあったコンビと呼ばれるようになりました。

他の起業家から嫉妬もされました。くだらないこと言う人間もでました。 

しかし、どんなことがあっても二人は前だけを向いてきました。
お互いに支え合ってやってます。

本当にいろんなことがありました。(※)
熱く議論すること。お腹を抱えて笑うこと。みんな下を向いてしまう悲しいこと。
一日一日を全力で進んます。

そして日に日に新しい仲間が増え、気がついたらアルバイトを含めると25名を超えました。
また事業も大企業との業務提携や大型の資金調達の達成できました。

そして初年度から目標通りの売上と目標のオフィスに移ることができました。

(※) 起業してからの話は長いので別でまた書きます。
Article content
 

- GAUSSのビジョン -

当然ですがこれまで良いことばかりではありません。
激しい成長には強い痛みも伴います。苦しいことが沢山あります。
仲間を失ったこともあります。

そう。急成長に伴う痛みが日に日に激しくなります。


本当に正しい選択ができているか迷ってしまうことがあります。

考え事が多くなって、なにもできない日がありました。

それでもなにかを信じて前に進むしかないって自分に言い聞かせてました。
みんな同じだったと思います。

本当に辛い時「なんのために?」こんな気持ちがよぎったこともあったかと思います。

そして、ただただみんなで力をあわせて全力で乗り越えて、1周年を迎えようとする最後の最後に、GAUSSの取締役がこんな提案してくれました。

「がむしゃらに進んでると、どっちが前かわからなくなる時がある。
だからみんなが正しく前を向くためにもGAUSSのビジョンを決めよう!!」


と。

その言葉はなにかの助けかと思いました。
そしてみんなで知恵を絞ってGAUSSのビジョンを決めました。
 

そのビジョンは

「私達のために (for us)」

です。



このビジョンは前を向いてるとき、前を見失ったとき、なにかに行き詰まったとき、「この選択(方向)は自分(達)のためとなるか?」という問を自分に投げかけるために作りました。

この言葉ができたとき本当に本当に心が晴れました。

ビジョンを決めるために検討に検討を繰り返しましたが、最後の決め手になったのはGUASSの取締役の全員が大手企業出身だったからになります。

もし起業せずにそのままに企業に残れば安定した生活を得られたかもしれません。
斯く言う自分もそれなりの給料は頂いていたし大手企業に入れば将来安泰だと思ってました。


しかし大手企業にいることが「本当に自分の価値となるか?」という秤にかけ、みんな決意しチャレンジした仲間になります。

だからこそ「私達のために」というビジョンにしました。

これからまだまだ成長しなければなりません。

そしていつまでもチャレンジしつづけていきます。
私達のために。

さぁこれで楽しい一年目は終わりました。

明日から2年目です!気持ちを切り替えて前を向きます。
次の一年はGAUSSの価値をつくる年になります。
400%成長!

これからも結果のアウトプットを続けます!!
Article content

最後に

GAUSSはどこにも負けない自慢があります。
それは社員・インターン・お客様など関わる人すべてがGAUSSのことを「大好き」であることです。
これはどこにも負けない自信あります。

GAUSSは一緒に未来を創る仲間を募集しています!
興味を持った方はぜひご応募ください!



[追伸]
本文中でも書きましたが。起業してからも沢山の人にお世話になりましました。
そしてもっともっと深い一年でいろんなことがありました。
また次の機会にでも書きます・・・